スポンサーサイト

  • 2016.04.03 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    精算会まで公演です2

    • 2008.06.15 Sunday
    • 02:49
    Image140.jpg
    すみません…画像載せ忘れちゃいました(涙)
    先程の野中さやかです。
    私が載せたかった画像、こちらです!
    失礼致しました(涙)

    精算会まで公演です♪

    • 2008.06.14 Saturday
    • 21:04
    こんばんは!
    今回「黒子ノ譲志」でマチ役をさせて頂いた野中さやかです!
    本日は精算会でした。
    もうこのメンバーで逢うことがしばらくないのだと思うと…とってもとっても淋しく感じます。
    あぁぁぁぁあ(涙)
    だけど…また皆さんそれぞれ新しい道に歩き始めているのです。
    自分の道が、また皆さんの道と交わるその日がくることを心から願い…そしてその日には必ず自分自身がもっと大きくなっていられるよう頑張ります。
    今回観て下さった多くのお客様にまた出逢えますように。

    写真は、共演者のみんなが1人1人筆を握って書いた、うつみさん宛てのお礼のお手紙です。
    みんなうつみさんが大好きです☆

    本当に、
    ありがとうございました。


    ☆マチ☆
    野中 さやか

    精算会

    • 2008.06.14 Saturday
    • 19:12
    080614-190900.jpg
    5日ぶりにメンバーと再会し、
    今日は精算会です。

    5日ぶりだってのに
    とても懐かしいのはなぜでしょう。

    今回の公演、
    ホントいい仲間があつまりましたぁ〜!!

    ありがとうございました☆

    • 2008.06.14 Saturday
    • 16:35
    いろいろな個性と出会えたこと。感謝です。
    沢山の黒子達(裏方さん)が私達を支えて下さったこと。感謝です。
    笑えたこと。感謝です。
    そして、劇場に足を運んで下さった皆さま、今回は来られなかったけど日頃から応援して下さる皆さまにー感謝ですー
    ありがとうございました。

    年上の女・坂本まるみこと伊藤菜穂子

    御礼申し上げます

    • 2008.06.14 Saturday
    • 01:47
    080423_2357~0001.jpg
    たくさんのお客様にご来場いただきまして、本当に感謝です。

    チケット完売で来場出来なかったお客様には大変申し訳なく思っています。

    出演者一人一人、自分のポジションが明確に書かれた台本で、各々が出演場面を担ってる責任感が自然と出てくる芝居でした。
    台本に書き込まれている奥深い意味と、リンクしているエピソードを追求していく稽古場は、まさに場面ごとの戦いでした。

    黒子達の話、大衆演劇の話、バーゲンに命をかける女達の話、病んでる人達の話、過去の話、まるでオムニバス形式のような物語が次第に絡んでいく構図は、演じている私達もその都度発見と驚きがある芝居でした。

    西村ワールドに完璧にはまってしまいました。

    楽しき哉、嬉しき哉

    • 2008.06.13 Friday
    • 00:54
    ご来場頂いた皆様、残念ながらご来場頂けなかった皆様、愛すべき共演者の皆様、誇るべきスタッフ、関係者の皆様、「黒子ノ譲志」では大変お世話になりました、ありがとうございました。千秋楽から約一週間が経過しましたが、いかがお過ごしでしょうか?
    私こと咲野も元気(?)に仕事に勤しんでおります。
    さて、「黒子ノ譲志」、無事終演出来た事何よりで御座いました。余韻に浸る間もなく海外ドラマの収録などしていても、なぜか頭の中を「天国哀歌」のフレーズが流れていたりして、皆様と過ごした日々を懐かしく思い起こします。
    今回の私は、元黒子でホームレスの「人間道山」という役名でした。謎の多い人物で、未だ判らないのがこの「人間道山」という名前です。元々稽古台本での役名は「人間道」でした、これだけなら何かの源氏名かホームレスネームの様なものとも推理出来ます。しかし譲志の父親天報雷太は私を「道山」と呼びます。となるとどこまでが名字でどこまでが名前なのか?それとも丸ごと源氏名なのか…?その謎は果たして続編で明かされるのか…?楽しみなので作家には質問しません。
    しかし、出演者の低年齢化のせいか、このところ私の西村作品に置ける役処が、昔は凄かったヤクザだったり、昔は凄かった緑のおばさんだったり、昔は無口な夫で今は幽霊だったり、で今回は昔は凄かった黒子だったり……実はこの「昔は〜だった」というパターン、非常に厄介なのです。昔を連想させる佇まいを要求されるからです。ましてや今回の譲志の様に優秀な黒子がすでに登場しているところに過去の仕事っぷりを見せなきゃならないとなると、やはり相当な黒子っぷりでないと説得力が無くなり、全編の台詞が総て薄っぺらくなってしまうからなおさら厄介です。だから「昔は〜だった」という役はつらいのです。ここだけの話ですからとても演出家には聞かせられない話ですが…
    お後がよろしいようで
    咲野

    裏方

    • 2008.06.12 Thursday
    • 23:41
    080604_0929~0001.jpg
    関田姉さんが宙を舞うロープを支え、そして操り、闘っていた男達です!

    ころぞまさしく「黒子屋!!」



    いっぱいのお運びで

    • 2008.06.12 Thursday
    • 21:27
    200806101722000.jpg
    ありがたく御礼申し上げます。暗幕屋伝達でございます。

    黒子の譲志、幕がおりまして。
    いらしてくださったお客さま、誠にありがとうございます。
    また、早々お席がなくなりましたため、御覧になれなかったお客さま、まことにあいすみません。
    共演者の方々、スタッフの方々、お手伝いくださった方々、今回もさぞご迷惑をおかけしたことと思いますが、ありがとうございました!

    今回あたくしはってぇと、生き華以来、片山がやりたいやりたいと願っておりました噺家って役どころでして。冠に「笑えない」ってつくのはご愛敬ですか。
    まぁあの野郎は、嬉しくて舞い上がりまして、稽古後に関係ない噺を一席披露したこととか、稽古序盤、野次にこらえきれずハマサキゲンキなる者をぶっ叩いたこととか、よき思い出でございます。
    うつみさんが、たびたび「師匠!」って呼んでくださり、そのたびに面映ゆいような、嬉しいような、畏れ多いような心持ちがしたもんで。

    黒子たちの上役であり、暗い部分を知る役どころであります。まぁ、全くと云って良い程他人様との絡みはなかったんですが、あたくしにも劇中で描かれなかった裏設定ってのがあるようで…それはまたいずれ。

    楽しい時間は終わるもの、また次の楽しみに向けて生きてみますか。

    暗幕屋伝達


    皆々様、ありがとうございました!
    またお会いする時を楽しみに…!

    片山史雄

    あとがき

    • 2008.06.12 Thursday
    • 17:11
    080530_1204~01.jpg
    電車や街で見かけた皆さん

    僕達は怪しい者ではありません

    フライングチーム!その2

    • 2008.06.12 Thursday
    • 15:30
    水無月公演、お疲れさまでした!
    今回、私、念願かなって飛ぶことができました!いろんな方にお世話に……なっておきながら、一番大事な人を忘れました!
    実は舞台が見えてなかった裏の引き手達に、すべてのきっかけを出してくれていたふーみんさん!
    ありがとうございました。 
    皆さまにも裏の様子を見て頂きたかったですが…そうとう面白く、また一体感があり、ドラマでした!
    二度とできない体験をありがとうございましたm(__)m 
    今、13〜15日の舞台の小屋入りしてますが、感激が戻るのを押さえつつ、場あたりをしています。
    DVDを楽しみにしています!

    《歓伝ーKANDENDOー堂》
      ◆せきた とよえ◆

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM